お茶の花は椿にそっくり!その訳は?~紅茶の雑学・豆知識(1)

今、お茶の花が咲いています。


我が家にも紅茶用品種のお茶の木が

たった2本ですが(^^; ありまして、


毎年10月ごろになると、

少しうつむき加減に 清楚な白い花を咲かせます。

かわいいですよね~



ところでこの花、 椿の花に似ていると思いませんか?


めいっぱい開いても直径は3~5センチぐらいの

とても小さな花ですが、

形は椿の花にそっくり!


というのも、 お茶の木は、実は椿科の常緑樹。


だから似ているのは当然なのですね。

そして咲く時期も、秋から冬ということになります。


お茶の木は、学名を『カメリア・シネンシス』といいます。


お茶の木の発祥地が 中国の雲南省辺りと考えられているため、

中国の椿という意味の学名が付いているわけですね。


お茶を”作る”ことを考えると、

あまりたくさん花を咲かせてしまうのは、

栄養を取られますから、あまりよくない・・・


ということになるのでしょうが、

我が家はあくまでもお愉しみで育てていますので、

(しかも2株、さらに鉢植え 汗)

かわいい花を摘む気にはなれず、

毎年鑑賞して堪能しています。


こちらは、以前、

インドのダージリンを訪問したときに撮ったもの。


このときも10月でしたから、

茶園のお茶の木には、 かわいい花が咲いていました。


お茶の花を見ると、

インドの旅を懐かしく思い出すのですね~。

そして、旅に出たくなる。


親や子どもたちのことがあるので、

すっかり海外が遠いこのごろですが、

ダージリンは、

いつか絶対にまた行く! と思っている場所のひとつです。



島田 枝里 Official Website

フリーアナウンサー/ティータイムオーガナイザー/ 言葉と想いを伝える 話し方コンサルタント