バザーで「オールドノリタケ」!!出会いは必然?ようこそ我が家へ

こんなお話を聞くことはあっても、

実体験するとは思ってもみませんでした!


私にとってはまさかのお宝が、

小学校のバザーにあるなんて!?



それは、選挙と同じ日に、

子どもたちが通う学校であったバザーでのこと。


お仲間とレジ係をしていた私。

大混雑が一段落し、順番に休憩を取ることになりました。


今年は特に何も買うつもりはなかったので

お財布すら持たずに

ふら〜っと食器を眺めていると。


ふと、

かわいらしいカップ&ソーサーが目にとまったのです。


一見雑貨のようだけれど、

微妙に赤いラインがかすれているものがあったり、

釉薬のかかり方が少しずれているものも。


こういうの、アンティークで見たことがあります。


これは古いもの??


気になって手にしてみたら、

今のものにはない薄さにあれっ!?”


裏返してみると、

メーカー名が、右から左への表記。

さらに旧字体!!

その下には〝NORITAKE”の文字が。


まさか!!!!


とりあえず捕獲(笑)

カップを抱えたままお財布を取りに走り、

レジへ一目散!

心臓のバクバクが止まりません! 



翌日、

ノリタケに写真を添付して 問い合わせてみたところ、

これまた迅速!その日のうちに回答をいただきました。


それで分かったこと。


私が買い求めたカップは、

バックスタンプから、

1912〜1940年のものであること、

おそらく国内用に製造されたもので、

オールドノリタケに分類される商品であると考えられること!!


ただ、パターン名などは、

資料が戦災でほとんど消失してしまったので わからないそうです。


でも、もう大大大満足です!


オールドノリタケというと、

アメリカなどで好まれた

金彩モリモリなイメージが強いのですが、

これはとてもシンプルですから、

高価なものではないでしょう。


ですが、 あのまま売れ残ったら

業者さんに処分されていただろうと思うと、

ようこそ我が家へ♡ 愛おしくてなりません。


それに、なんといっても一客10円(^^;

これは偶然ではなく必然なのか?

何にしても、

私にとってはお宝との素敵な出会いになったのでした☆


こんなこともあるのですね~。

2日経ってもまだ興奮がさめず、

ドキドキでブログ更新です(笑)

島田 枝里 Official Website

フリーアナウンサー/ティータイムオーガナイザー/ 言葉と想いを伝える 話し方コンサルタント