紅茶を通して、20歳の学生さんに伝えたかったこと

今年も、

この時期恒例の

金沢製菓調理専門学校にお邪魔しました。


紅茶の授業は、

2年目の学生さんたちが受ける

カリキュラムの一つ。


自分の子どもでもおかしくない年齢の (汗)

20歳の学生さん相手に、


紅茶の基本のお話と試飲、

最後は淹れ方実習と、

3限みっちり、紅茶三昧!?の内容です。


お菓子と紅茶は切っても切れない関係ですが、

そこがピンと来ていない学生さんも

ちらほら見受けられます。


まだお若いこともあるからでしょう、

25人のうち、

ティーポットで紅茶を日常的に淹れる人はゼロ。


ティーバッグ紅茶なら飲んでいる という人が3人。


他の人たちは、 何らかの

ペットボトル飲料を飲むことが多いようです。


なので、私がお持ちした紅茶のどれを飲んでも、

学生さんたちが知っている紅茶の味より とても力強く、

個性的な味ばかり。


「おいしい~♪」という声もたくさん聞こえてきますが、

それ以上に、

「渋い!」「紅茶って苦手。」「まずっ」など、

正直なリアクション(笑)が聞こえてきます。


念のため書いておきますと、

おいしいかまずいかは、個人の嗜好がからみます。


品質的には申し分のない紅茶のみお持ちしていて、

それぞれの産地の特徴が際立つ、

風味のはっきりした紅茶ばかりです。


なので、

決してまずいものをご紹介したのではなく(笑)

これはこういう特徴のある紅茶だ

と捉えていただく必要があります。


今日は、そんな新たな味覚との出会い。

その第一歩だということに、

ぜひとも気付いていただきたいと思いながら

講義しました。



これもお話したことですが、


自分自身が飲んで好きかどうか


ということと、


食のプロとして、

決して自分の好みとは一致しなくても、

これがいいものなのかどうか、

そして、どんな特徴があるのかが分かる


ということは、別の話です。


将来学生の皆さんは、

パティシエになったりカフェで働いたり。

何らかの形で、 お菓子や紅茶に接することになるでしょう。


そんな中で、

お客様に、

「このケーキにはどんな紅茶が合いますか?」

と聞かれたとき、


「知りません」 では話になりませんし、

「私、紅茶、嫌いなんですよね~」

なんて返答は言語道断。 信頼を失くします。


自分の好き嫌いはさておき、

一番ふさわしいと思われる回答を

お客様にして差し上げられるかどうかは、

とても大切なこと。


基本的なことを知っているだけで、

お客様のティータイムを豊かにする

お手伝いができますし、

そのことで信頼していただければ、

お店のリピーターになってくださるかもしれません。


外で食事をしたとき、

パティスリーのイートインスペースで

ケーキと紅茶を頼んだとき。


それまでは全てが完璧な美味しさなのに、

なんで最後の紅茶が・・・!!

と、ショックを受けることがほとんどです。


これから巣立っていく学生さんたちには、

この現実をよく知っていただき、

ぜひ、紅茶にも気を配っていただきたいと

切に願います。


どこにいっても美味しい紅茶が味わえる となれば、

外出の楽しみ増えるというもの♪


若い学生さんたちの、今後に期待しています!


島田 枝里 Official Website

フリーアナウンサー/ティータイムオーガナイザー/ 言葉と想いを伝える 話し方コンサルタント